エクラバリア 合わない
エクラバリアが肌に合わない原因ってどんなことが考えられるのでしょうか?

ニキビ肌の方は皮脂が過剰に分泌していることがほとんどなので、その上にさらに日焼け止めを塗るのは…と抵抗を感じる方も多いですよね。

エクラバリアはそんなニキビ肌や敏感肌でも安心して使うことができる日焼け止めとして、ニキビに悩んでいる幅広い年代の女性から支持されています。

しかし、エクラバリアを使ってもどうしても肌に合わない、効果を感じない人も一部いるようです。

多くの人がエクラバリアの効果を実感しているのに、なぜ肌に合わない人もいるのか、その原因をまとめてみました。

エクラバリアが合わない3つのポイント

1、 成分アレルギー

エクラバリアには安全性が認められている成分で作られており、肌に負担をかけることなく、ニキビを予防しながら紫外線をしっかりガードすることができます。

そのため、配合されている成分による副作用が原因で肌に合わないことは考えにくいのですが、配合されている成分にアレルギーをお持ちなのであれば、当然アレルギー反応が起こることも。

成分アレルギーを持っている方はいきなり使うのではなく、アレルギーに該当する成分が入っていないかどうか確認してから使いましょう。

2、 使用量が多すぎる

エクラバリアは顔の大きさによって使用量が異なりますが、早く効果を出したいからと、たくさんつけすぎてしまう人もいます。

適量よりも多く塗ったからといって紫外線カットする効果が倍増するわけではないですし、ニキビを治す効果が上がるわけではありません。

逆に適量異常に塗りすぎることで、メイクが崩れやすくなるだけでなく、肌荒れやニキビ悪化の原因となってしまうので、必ず適量を塗るように気をつけてくださいね。

3、 摩擦

エクラバリアは1本で5役こなす効果があるのに、浸透力が非常に優れていることから、ベタつきを感じにくいことも人気の理由です。

しかし、もっと早く浸透させたいからといって、エクラバリアを塗ってから何度も触って摩擦を与えてしまうことで、ニキビ悪化や肌荒れを起こしてしまうことも。

ニキビや敏感肌なのであれば、摩擦をできるだけ与えないようにしなくてはいけないので、何度も肌を触るのは止めておきましょう。

何もしないでもエクラバリアは浸透力に優れている日焼け止めです。

メイクの時間を短くすることができ、何個も化粧品を使わなくていいので、摩擦を与える回数雨を減らすことができるので、気になるからといって何度も摩擦を与えないように注意しましょう。

正しい使い方をすればニキビ肌の味方になる!

エクラバリアが合わない原因を調べてみると、成分アレルギーがある場合は別ですが、ほとんどの場合は間違った使い方が原因となっていました。

エクラバリアは正しく使えば必ず効果を実感することができるので、肌に合わないと感じるのであれば、使い方を一度見直してくださいね。

また、成分アレルギーがあるなら無理に使い続けていると肌に合わないだけでなく、肌荒れを悪化させてしまう恐れがあるので、アレルギーがあるなら無理に使わないようにしましょう。

もし自分の肌に合うのか分からないのであれば、まずは腕などでパッチテストを行ってから使ってみてくださいね。

エクラバリアが合わないと低評価をつけている人もいましたが、大半の方は使い方を見直せば必ず効果を実感することができます。

ニキビ肌だから日焼け止めをできないといって紫外線ケアしていないと、ニキビだけでなく、ニキビ跡を増やす原因となるので、ニキビ肌だからこそ、しっかりと紫外線を予防する必要があります。

エクラバリアなら紫外線予防だけでなく、同時にニキビ予防もできるので、肌荒れが心配な方も安心して使ってみてくださいね!